スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

お宅拝見・・・・

さて、メゾさんのお家に着きました。
長細い敷地に庭と2階建てのお家です。

家の中へ入ると、まずはお母様にご挨拶。
そして、どこの家庭でも同じなのかどうか分かりませんが、
過去にヨーロッパ人のお宅を初めて訪問すると必ずすることがあります。

それは・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・
 お宅拝見です!
・・・・・・・・・・・・・・・・

どうやら、初めて訪問してくれたお客さんには、
必ずお宅拝見をしてもらうのが習慣のようです。
こちらの方たちは、ほとんどお家は自分で作るので、きっとご自慢も兼ねてなのでしょうか?
とにかく面白い習慣です。

家に入る前に雪に埋もれてはいたのですが、庭のここに池があるのよ!と。
手前が浅瀬、奥がとっても深くて2メートルぐらいだそうで、夏の暑いときは、
こちらで泳いで涼むそうです。

プールと紹介するのならまだ分かりますが、
「池」と紹介されたときはちょっとおかしかったです。
魚が泳ぐ中、一緒に泳ぐんかい?なんておもっちゃぃました。(笑)
池と言ってもどうやら魚はいないようです。

よく別荘的な家の作りだと庭から直接入ることが多いので、まずは居間+キッチン。
1つドアを開けるとバスルーム、色々な表情のカエルの置物がいっぱいです。(カエル好きみたいです)

そして、さらにドアを開けると、昔使ってたキッチン+食堂。
このお家、100年近く前からのもので、新しく立て替えるときに、昔のものもちょっと残しているようで、曾おばあさんの時代のキッチンで天井が丸みのあったバロック風、そして、オーブンも旧式でまきを入れる場所もついているオーブンでした。
この部屋だけは非常にアンティークがいっぱい、なんだか中世ヨーロッパにタイムスリップしたような・・・
とっても歴史を感じます。

さらに進むと音楽室。
ピアノとキーボード、そして、周りには音楽関係の楽譜から書籍が本棚にぎっしり。
8畳ぐらいはありますか?

さらに奥には、図書室。
趣味の本が色々本棚に詰まっていて、曾おばあさんが大事にしていた本も・・・

お宅を拝見すると、若い家庭はさすがに近代的でアンティーク類は無いですが、
40代以降の方のお家にいくと、代々引き継がれたお家が多いので、
ヨーロッパの方は、物を大切にするとよく聞くのですが、
彼女のおうちは、そのことがとってもよく分かります。

フレダーマウスって知ってる?フレダーマウスとは、こうもりのこと。
見たことある?見てみる?と・・・

こうもりってテレビのドキュメントなどで見たことはあっても実際見たことがなかったので、ちょっと見てみようかなぁ。と地下室も案内され、入り口付近の小さな穴に黒っぽいものが
丸くなっていました。残念ながら冬眠中で丸くなっているところしか見られなかったですが、
めったに見られないと思うので、春になったら活動始めるということなんで、その時また見てみたいなぁーなんて・・・

2階はお母様とご自身の寝室と屋根裏部屋。
さすがに屋根裏部屋まで紹介されるとは思いませんでした。(笑)

一通り拝見したら、昼食を用意してくれていて、ジャガイモのグラッシュとパンというメニュー。
レストランでグラッシュはよくメニューで見ますが、ジャガイモのグラッシュは初めて。
とっても美味しいかったです。
食事しながら色々お話したり、まぁ、楽しいのでよいのですが。

プロベに来たのに、一体プロベは何時始まるんだろう????

ブログランキングバナー

スポンサーサイト
00 : 00 : 00 | 日々のつれずれ・・・ | Comment(0) | UP↑

<<プロベ「猫のデュエット」 | ホーム | Ladensdorfまでの道のり・・・>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。