スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

第九 ~プロベから~

年に1度は必ず歌われているベートーベンの第九のコンサート。

もう何度も歌っているのでプロベもピアノのリハーサル、
オーケストラのリハーサル、ゲネラルリハーサルのみ。

そして、ピアノリハーサルがコンツェルトハウスの大ホールで行われました。
ホールへ行ってみると、リハーサルの為のイスが並んでいるのですが、
いつも歌われる人数よりも随分と少ないです。

普通は100人以上で歌われる第九ですが、今回は73人のメンバーと共に、
いつも歌いなれているコンツェルトハウスから離れて、お隣さんとでも言いますか、
今回は、ムズィークフェラインでのコンサートなんです。

今回の指揮者さんは、曲の途中からはじめて、最初に戻って合わせをしました。
今までですと、必ず最初から通していくのですが、今回は変わったリハーサルの順番だったので、
なんだか変な気分。

最初から合わせていって、始めに合わせた部分をさいど歌い始めると、
「確かさっきもうあわせたよね」と指揮者さんの一言。
2時間取っていた合わせの時間でしたが、一通り合わせが終わるのに1時間もかかってないような・・・あっという間にプロベ終了です。

こんなに直ぐに終わったプロベは、ベッリーニのオペラ「ロミオとジュリエット」以来です。
あの時も待ち時間は長かったけれど、随分早く終わったなぁ。
それもそのはず、歌うのはたったの20小節だったので・・・
第九はもう少したくさん歌うところあるのですが、これも結構記録かなぁ?

早めにプロベが終わるということは、指揮者さんが思う音楽のイメージどおり、
私たちの歌に満足してくれたと言うことですね、コンサートも上手くいきますように!

ムズィークフェラインで歌うのは初めてなので、どんな雰囲気のところなんだろう?
合唱指揮さんのお話では、いつも歌っているコンツェルトハウスのホールよりも
歌いやすいホールらしいので、とっても雰囲気の優しいホールなのかなぁ?と、
そして、声もよく響いてくれるホールらしいのです。

本番がとっても楽しみです。
その前に、オケ合わせとゲネがありますが・・・


スポンサーサイト
00 : 00 : 00 | ♪音楽つれずれ・・・ | Comment(0) | UP↑

<<第九 | ホーム | "Messa di Gloria" Konzert>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。